Kドリームスの会員登録方法について

Kドリームスの会員登録方法について

Kドリームスの会員登録方法について
会員登録は大きく4つの方法があります。

  • 楽天銀行を持っている方
  • ジャパンネット銀行を持っている方
  • JCBカードを持っている方
  • 上記3つに当てはまらないor他の方法を希望する方

こういった4つの方法に分けられます。

さらに、
どの方法を選ぶかで登録に必要なものが変わってきますので、
それぞれをわかりやすく表にまとめています。

・楽天銀行を持っている方

会員情報の入力 不要
必要なもの 楽天銀行の口座
本人確認書類 不要

・ジャパンネット銀行を持っている方

会員情報の入力 不要
必要なもの ジャパンネット銀行の口座
本人確認書類 不要

・JCBカードを持っている方

会員情報の入力 不要
必要なもの MyJCBのアカウント
本人確認書類 不要

・上記3つに当てはまらないor他の方法を希望する方

会員情報の入力 必用
必要なもの 払戻金受取用銀行口座、本人確認書類
本人確認書類 必要(運転免許証、パスポート、住民票のコピー、健康保険証のコピーなど)

それぞれの会員登録方法の違いについての補足

楽天銀行を持っている方、ジャパンネット銀行を持っている方、JCBカードを持っている方が、
会員情報の入力や本人確認書類が不要なのは、既に利用する口座やクレジットカードの情報と自動的にKドリームスと連携してくれるため省略することができます。
そういった仕組みがあるため、Kドリームスの会員登録はとってもスムーズに終えることができます。
特に問題が無い場合には、こちらの方法を選ぶことをオススメします。

一方、
上記3つに当てはまらないor他の方法を希望する方は、いわゆる連携する情報がないため、
少しばかり必要な情報の入力や確認といった手間が発生します。
Kドリームスは競輪の投票になるため、20歳以上という条件がありますので、当然それらを確認しなければいけませんから、当然と言えば当然の流れになります。

楽天スーパーポイントが活用できる楽天会員IDは絶対連携させたい!

どの方法でKドリームスに会員登録する場合でも、必ずやっておきたいことが楽天会員IDの連携です。
Kドリームスではこの楽天会員IDの連携を設定しておくと、

  • 楽天会員IDでログインができる
  • 楽天スーパーポイントを投票に使える
  • 投票金額に応じて楽天スーパーポイントが貯まる

Kドリームスがより便利かつお得に利用できるようになるためです。
楽天会員IDの連携は、会員登録後でも設定できるのでぜひ設定しておきたいこととして覚えておいてほしいですね。

4つの方法ごとの登録手順詳細について

4つの方法ごとに若干の違いがありますので、
まずは、どの方法をとるかを決定し、以下の手順にそって進めていくとスグにKドリームスの会員登録を完了することができます。

楽天銀行を持っている方 会員登録手順詳細はこちら
ジャパンネット銀行を持っている方 会員登録手順詳細はこちら
JCBカードを持っている方 会員登録手順詳細はこちら
上記3つに当てはまらないor他の方法を希望する方 会員登録手順詳細はこちら

楽天銀行を持っている方、ジャパンネット銀行を持っている方、JCBカードを持っている方の会員登録は、
登録完了までの最短時間5分と明記しているだけあって、本当にサクッとKドリームスの会員登録を完了することができます。

Kドリームスを使いこなすカテゴリの最新記事