飲む日焼け止めの種類&効果や安全性。美白トレンドノート

飲む日焼け止めの種類&効果や安全性。美白トレンドノート

日焼け止めにあなたはどんな対策をとっている?

日焼け止めと聞いてすぐ浮かぶのが「日焼け止めクリーム」だ。
腕に塗り、顔に塗り、足に塗り、夏の外出には手放せない日焼け止めアイテムであり、「日焼け止めクリーム」で検索すれば多種多様な日焼け止めクリームが見つかる。

さて、この日焼け止めクリームについて、こんな問題や不満を抱えている人も多いんではないだろうか。
 

・日焼け止めクリームを何度も塗りなおすのがめんどくさい
・日焼け止めクリームをちゃんと塗ったつもりが、塗りにくい箇所や塗れていなかったため焼けてしまった
・敏感肌なので強い日焼け止めクリームが使えず、日焼けしてしまう
・日焼け止めクリームを塗ることをうっかり忘れて外出してしまう
・化粧崩れが気になり、日焼け止めクリームを塗ることにストレスを感じている
 

そう、日焼け止めクリームって、ぶっちゃけ、
日焼け止めクリームって手間がかかってめんどくさい
というところに落ち着くだろう。
だからといって、日焼け止め対策をとらないというわけにはいかないもの。

日焼け止めは必要、でも、手間がかかってめんどくさい

このミスマッチな状況を解消してくれる一手として今注目を集め
かつ最新の美白トレンドとしてと話題になっているものがある。

それが、飲むことで日焼け対策を行う、飲む日焼け止めだ。

この最新日焼け止めトレンドによって、もう塗り忘れや塗り直しとはおさらばだ。飲むだけで日焼け対策ができる。

とはいえ、これまで日焼け止めクリームを使ってきた人にとって、
「飲むだけで日焼け止めに効くのか?」
という疑問や不安、信憑性に欠ける部分もあるはずだ。

そこでここでは今後さらに拡大するであろう飲む日焼け止めについて、
飲む日焼け止めの効果、安全性、飲む日焼け止めの種類をテーマに深掘りしてみようと思う。

飲む日焼け止めにするメリット

【1】塗りムラや塗り忘れの心配がない
【2】汗や水によるクリームが流れるといったことを気にする必要がない
【3】肌に塗り込まないので日焼け止めによる肌ダメージの心配がない
【4】目への日焼け対策ができる

日焼け止めを塗るという行為そのものの時間が大幅に削減でき、失敗がない。
その上、肌に対して何も行わないため肌トラブルに対する不安が解消できる。

そしてうっかり忘れ去られがちな目。
目も肌同様に何も対策をとらなければ紫外線によってダメージを負ってしまうことになる。しかしながら、さすがに目に対して日焼け止めを塗るという大胆な行為は不可能だ。この目に対しても飲む日焼け止めならしっかりと日焼け対策がとれるというのは非常に大きなメリットとなるだろう。

飲むだけでどうやって日焼け止めが行われるのか?

体の内側から紫外線による肌ダメージやメラニン生成を抑えることで日焼け止めの効果を実現している。
以下の図を見るとより理解が捗るであろう。

>飲むだけでどうやって日焼け止めが行われるのか?
紫外線が体に与えるダメージ|最先端の紫外線対策 noUV

飲む日焼け止めの種類&特徴 noUV

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
noUV(ノーブ) 1箱10錠入り

2015年5月25日に発売した飲む日焼け止めnoUV(ノーブ)は、発売から1か月で楽天市場内日焼け止め・UVケアランキングにおいて、3位にランクイン!また、2015年5月25日から、6月30日までの楽天市場内ショップへのPCからのアクセスの28.7%、累計販売実績の28.3%が男性であり、男性からの注目度も高い。
(※楽天市場、PCにおける累計販売実績より 2015年7月1日現在)

【noUVのポイント】
・輸入製品ではなく、完全なメイドインジャパンの飲む日焼け止めである。また、美容外科・美容皮膚科「東京イセアクリニック」アンチエイジンクドクター久保先生、三苫先生をはじめとするドクターチームによる監修、肌や日焼け止めに精通するプロフェッショナルが関わる安心感。
・美容業界で話題の成分PLエキス(ポリポディウム・レウコトモス)を配合。PLエキスは、強い抗酸化作用がありメラニン色素生成を抑える働きをする。
・美容効果の高い、ビタミンC、ビタミンR、ビタミンB12、ルテイン、クロセチン、ビタミンD、リコピンを配合。

■主要成分PLエキス(ポリポディウム リュウコトモス)
悪性腫瘍治療のため何世紀にもわたり使用されているシダ植物。
紫外線からダメージを防ぎシミやしわを予防する。肌の傷つきも改善する効果が期待でき、抗酸化作用・免疫調節作用・抗腫瘍活性がある。

【noUVの服用方法】
・日をあびる約30分まえに服用する
・1粒、2時間の日焼け止め効果

【noUVのクチコミ(アットコスメ)】
本当に効くの?と戸惑いながら使ってみました!
日焼け止めを使わずに子どもの運動会の応援で5時間ほど外にいましたが日焼けしなかったです!
普段塗る日焼け止めを使って首の塗り忘れや服が汚くなって嫌だったんだけど、noUVを使ったらこれマストアイテムになります!
まだ友達とBBQする予定もあるのでまた購入したいと思います!
引用元:アットコスメ

毎年日焼け止めを厚く塗っているのですが、
汗で流れるせいか
どうしても焼けてしまって…( >_<) 雑誌でも取り上げられられてたので、 早速この飲む日焼け止めを使ってみました。 塗るのも併用しましたが、 なんだかいつも感じる日焼けのときの ほおのピリピリがなく、 日焼けしてないかも(≧∇≦)b!! (引用元:アットコスメ

noUVのその他クチコミ情報(アットコスメ)

飲む日焼け止めの種類&特徴 ヘリオケア

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
ヘリオケア ウルトラD オーラル(30錠)

【ヘリオケアのポイント】
・紫外線によって体内に発生したフリーラジカルをヘリオケア特許成分のFernBlock(Polypodium Leucotomos)が破壊することで日焼け対策を実現する。
・世界50ヵ国の病院に製品を提供している安心の実績。
・ヘリオケアの皮膚保護作用。抗酸化作用、DNA保護作用、免疫防御作用、皮膚構造維持作用

【ヘリオケアの服用方法】
・日をあびる約30分まえに服用する
・1粒、2.5時間の日焼け止め効果

【ヘリオケアのクチコミ(アットコスメ)】
超強力な抗酸化作用でシミやたるみなどの光老化を防いでくれるサプリメント。
飲むだけで本当に日焼しにくくなるので不思議です。
軽い日光アレルギーなので、日差しが強い日常で使用しています。
SPF50+PA++++の日焼止めと併用していますが、塗り直しができなくても数時間おきにヘリオケアを飲むだけで痒くなったり赤くなったりしないので効いているのだと思います。
光老化は数年後に肌に表れるものなので、自分への投資としてこれからも続けます。
引用元:アットコスメ

通販で6000円くらいで購入しました。
高いので毎日は使わず、アウトドアで遊ぶときなどに使用しています。
これと日焼け止めを併用すると全然焼けません。
日焼け止めなしだと少しは焼けるかもしれません。
デメリットは4時間しか持続性がないところとお値段が高いところです。
でも毎日は使わないので、これ1本で1年くらいもちます。
引用元:アットコスメ

ヘリオケアのその他クチコミ情報(アットコスメ)

飲む日焼け止めの種類&特徴 ホワイトヴェール

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。
飲む日焼け止めサプリメント 日本製 1袋60粒 ホワイトヴェール★WHITE VEIL 海外セレブ愛用 雑誌多数掲載中

【ホワイトヴェールのポイント】
・安心、安全な日本製
・女性に嬉しい美容効果のある成分も配合(L-シスチン、ACGコンプレックス等)

【ホワイトヴェールの服用方法】
・出かける前に飲む
・1粒、2.5時間の日焼け止め効果

日焼けに関する豆知識

SPF値と肌の関係

配合の具合にもよりますが、SPF値が非常に高い製品の場合、肌の弱い人は肌荒れする場合があります。
日焼け止めのSPF値は高いと危険?

SPF値とはどういった指標なのかを理解しておくとその理由が見えてくる。
まず、SPFとは紫外線防御指数のことを示している。
要は紫外線を浴びてから皮膚が赤く日焼けするまでどれくらい時間を伸ばせることができるのか?ということを数値化したもの。

【例】皮膚が赤くなるのが20分ほどかかる人の場合
SPF30を使用すると
20分×30=600分、つまりは10時間。皮膚が赤くなるまでの時間を10時間まで予防できる。

SPF50を使用すると
20分×50=1000分、つまりは約16時間。皮膚が赤くなるまでの時間を16時間まで予防できる。

予防できる時間が長くなればなるほど、肌に強く残ることとなり、当然ながら肌への負担も大きくなるということになる。

美容・健康カテゴリの最新記事